カテゴリ:Mac( 3 )


2011年 05月 23日

MacBook Air到着

d0225133_042953.jpg


新しい愛機が到着しました。液晶が使えなくなったMacBookをだましだまし、外部ディスプレイとつなぎながら使ってきて、すでに2ヶ月以上。新しいAirが出るとも言われていますが、届いた製品はとても満足できるもの。キーボードの感触も、液晶の堅牢性も、MacBookより数段上の出来。初代Airは物としてはもっと良かったとのことなのだけど、どれ程だったのでしょう。
内蔵のフラッシュディスクは256GBと物足りないけど、これからの大事な仕事道具(かつ趣味の道具)なので、丁寧に使っていきたいと思います。
[PR]

by luxnoto | 2011-05-23 00:46 | Mac
2011年 03月 13日

Macでの文字のにじみ

MacBookの液晶バックライトがつかなくなってから、Mac miniを使用するようになったことは、この前書いた通りです。液晶ディスプレイとしてEIZOのFlexScan LCD 2432Wを使っています。この組み合わせで使っていると、例えばこのブログを表示させたときなどに文字がにじんで読み取りにくくなっています。これはMacBookでは見られなかったことです。
試しにMacBookにつなぎ直してみると、そちらではきれいに表示されます。ということは、文字がにじんで見えにくくなるのはMac miniの側の要因だろうということが考えられます。ちなみに、システム環境設定で、アピアランスの設定は同じになっています。

とすると、問題はどこにあるのか?

ネットで同じような症状を示している人がいないかを探していたところ、関係がありそうな記述を見つけました。こちらです→「スノーレパードで文字の滑らかさを調整したい」
ここに書かれている通り、スノーレパードでは文字の滑らかさの指定ができなくなっており、MacBookではMacBookのディスプレイにあわせて調整されたアンチエイリアス処理が、外部接続時にも適用され、それがちょうど良いもので、他方Mac miniには専用のディスプレイがないため、何らかの一定のアンチエイリアス処理がなされ、それが適用され、合っていなかったのかもしれません。
そこで早速、ターミナルを立ち上げ、以下のコマンドをペーストし、xの部分に0-3の数字を入れてみました。

defaults -currentHost write -globalDomain AppleFontSmoothing -int x

すると、どうやらMac miniのデフォルトのアンチエイリアス処理は0(standard)であるらしく、この場合、表示されるフォントのにじみがひどいようです。これを1(light)にするとMacBookのそれに近く、2(medium)、3(strong)と数字を大きくしていくと、アンチエイリアスによるエッジ処理が強まり、若干ではあるものの太くなっていくようでした。好みとしては1であったため、1にして今使っていますが、どうやらこれで文字が読みにくいということはなくなったようです。

それにしてもどうしてこのオプションを隠してしまったのでしょうね。
[PR]

by luxnoto | 2011-03-13 03:27 | Mac
2011年 03月 07日

液晶のバックライトが消えた

ふいにMacBookの液晶のバックライトが消えてしまいました。多分、人よりもパソコンを開いている時間は長いし、あちこち持ち運んでいるので、故障だったり、寿命だったりするのではないかと思っていますが、それにしても困りました。年度末なので仕事先のお金で買うことはできず、4月まで待つか、自費で買うか、です。評判の良いMacBook Airに走っても良いのですが、緊急避難的に買うのはもったいないし、何より新年度になれば仕事先に導入される予定になっているので、それはそれでもったいないのです。

どうするべきか。

自宅にはMac mini、仕事先にはiMacがあるので、どちらかにアプリケーションや書類を移して良いのですが、そうすると他方では新たなアプリケーションが必要になります。新しいノートを買ったときには、またアクティベーションなどをしなければなりません。昔なら嬉々としてそうした作業をしていたのですが、さすがに最近はそこまでの時間をかけなくなっています。

さて、どうしたものか。

その時、ふと、画面共有があることを思い出しました。これは1つのMacから別のMacの画面表示を呼び出せるもので、例えば自宅のMac miniにMacBookの画面を表示させ、そこでMacBookを操作することができる、というものです。これなら画面表示がカクカクすることに目をつぶれば、データ移行の手間も、アプリケーションの移行の手間もなく、これまでと同じように作業をすることができます。

手順は簡単で、MacBookのシステム環境設定の共有で画面共有にチェックを入れるだけです。といっても、画面は消えているので、以下のようにしました。
1.MacBookにディスプレイをつなぎ画面共有の設定を行う
2.ディスプレイをMac miniにつなぎ直す
3.Mac miniからMacBookを選び、画面共有ボタンを押す
これだけです。
これと同じ方法でiMacからも接続できるでしょう。ブラボー!

Macで良かったなと思う次第です。
さて、早く新年度にならないかな。
[PR]

by luxnoto | 2011-03-07 22:57 | Mac